飲む日焼け止めサプリで紫外線をカットする

20代の後半ごろから、徹底した紫外線対策を取るようになりました。

日焼け止めクリームを全身に塗り、サングラスをかけ、帽子をかぶり、アームガードを着用し、ストールを巻いて・・。

といった感じで、とにかく紫外線を極力浴びないように努力してきました。

それでも、毎年少なからず日焼けをしていて、結果的にシミやシワが増えていっています。

せっかく徹底した紫外線対策を取っているのに、なんだかむなしい気持ちで一杯です。

さて、そんな中、つい最近飲む日焼け止めサプリという物を使うようになりました。

これがねえ、私にとっては正に理想的なアイテムであり、おかげさまで、紫外線から完全に肌を守ることに成功しています。

冒頭で述べた紫外線対策(日焼け止めクリームやサングラス)が体の外側での対策であるのに対して、飲む日焼け止めサプリは、体の内側からの対策になるため、より効果的な紫外線対策を実現できるんです。

専門的なメカニズムはココでは省略しますが、とにかく飲む日焼け止めサプリを飲むことによって、紫外線をカットすることができ、よってシミやシワの増殖を防ぐことができるのです。

もちろん、持続する時間があるので、その都度飲む必要がありますが、それでも日焼け止めクリームと比べるとスゴク楽ですし、何より効果的なので、私は今後も飲む日焼け止めクリームを愛用し続けます。

飲む日焼け止めサプリを使う場所

飲む日焼け止めサプリについて知っていても、塗る日焼け止めで十分ではと思われるかもしれません。

塗る日焼け止めと飲む日焼け止め、実はこの二つはお互い邪魔をしない関係なので、どちらを使っているにしても特徴は押さえておきましょう。

飲む日焼け止めサプリが効果を発揮する場所ですが、実は場所を選ばないのが最大の特徴でもあります。

紫外線自体は一年中浴びるものなので、一年中外出前に飲むことも可能ですし、サプリメントなのでそれにより健康を害することもありません。

また、塗る日焼け止めと併用できるため、夏場にさらなる日焼け止めとして期待することも可能です。

そして何より、こうした日々の日焼け止めは、アンチエイジングにも繋がります。

肌の老化原因として度々挙げられるのが、紫外線の影響によるものです。

日々のダメージがそのまま老化として表れるため、飲む日焼け止めサプリで普段から対策する必要があるのです。

せっかくサプリメントという摂取が簡単な方法で販売されているので、場所を選ばずに利用してみてはいかがでしょうか。

紫外線の影響は想像以上に広範囲で、大きなものです。

その影響力を少しでも弱めるためにも、こうした努力は必要なのです。